【プラチナエイジ】働く世代にはショッキングな内容?60代女性の親世代がホストに貢いだり浮気したり、、、でも小林豊もでるなら見ようか! | ニュースチャンネル

【プラチナエイジ】働く世代にはショッキングな内容?60代女性の親世代がホストに貢いだり浮気したり、、、でも小林豊もでるなら見ようか!

Sponsord Link

プラチナエイジ、お昼のドラマって感じじゃないタイトルですよね。
60代の女性、三人が、ありえない、いやでもありうるかもしれない、、という人間関係に巻き込まれていくドラマのようです。

「もう60代、まだ60代」というコピーがあるように、シルバーエイジではない、プラチナエイジなんだというところからのタイトルなのかしら?

ということで、今日は『プラチナエイジ』をリサーチ!!

なんと主役は60代!しかも3人も!

まず驚くのは昼ドラの主役が60代女性3人だということ。

昼ドラってのはねちねちドロドロねばねばの世界。
決まって結婚してから姑のいじめられたり、旦那がとんでもないヤツだったり、いきなり出てきた悪女に旦那がひっかかり家庭が、、、というストーリーなイメージ。

でも60代女性だったらそういう姑からのいじめとか、ある程度大丈夫な年代なんでは?
穏やか思考の昼ドラ?と思ったんですが、

やはり、昼ドラhきたいを裏切りません。

まずは主役3人の説明から行きますか。

まずは   伊佐山香織(榊原郁恵さん)

夫は弁護士である晃司(宅麻伸さん)との仲も悪いわけではなく、こどもも独立し築70年の家の台所をリフォームすることに。
しかし、そのリフォームをお願いした建築家の森山(谷田歩)と何回も合ううちにひかれていって、、、。

速水智恵子(池上季実子)

湘南で輸入家具店を経営する速水に子供はいないが、その分、夫、純一(春田純一)夫婦仲もよく、自由に過ごしていました。しかし、お互い気づかないうちに純一が認知症と診断され、動揺するも二人で闘病することを決める。

岩村和子(宮崎美子)

定年間近な夫の吾郎(中本賢)と湘南へ越してきたばかり。香織と智恵子はもともとの友達だったが、同年代ということで意気投合。人生に不満はなかったが、ひょんなことから急に嫌気がさし、変わったことをしたくなってホストクラブへ。
途端にはまってしまい、ホストの翔也(小林豊)に大金をつぎ込むことに。それがばれ、吾郎から離婚を切り出されてしまう。

という、、、、三人の紹介だけですでにあらすじ書いてしまってるようなもんですね。

宮崎さんが、ホストーーー!!と思ってしまってもうどうしよう。

小林豊昼ドラ出演!!

気になるのが、小林豊くんが昼ドラ出演するということ。
ライダー出身のイケメンが昼ドラ出演するとのびますからねー!

基本、徳山秀典さんが出ればたいてい視聴率話題性ともに抜群なんですが、今回はこばゆた。
こばゆたくんは悪いホストできるんか。という不安ですが。

最終的に良いヤツ、、にはならないかな?
だといいんだけど。

いや、違うな、きっと。そんなん昼ドラじゃないか。

でも気になりますね。要チェック!

60代、、、それは微妙な年頃

60代というと、私たち世代には親世代。

親世代がこういうドロドロとした問題に巻き込まれるのをハラハラしながら見るというのは結構な勇気がいるものでして。
自分の親にはないだろうと思いながら、考えると心臓が痛いことですが。

でもまだまだ60代、、、なんですよね。

時間としても0歳から20歳くらいまでの激情があってもおかしくないのです。

どきどきはらはら、、、しながらこばゆた見ます。

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » 気になるニュース, 特撮, 話題の人 » 【プラチナエイジ】働く世代にはショッキングな内容?60代女性の親世代がホストに貢いだり浮気したり、、、でも小林豊もでるなら見ようか!

利用限度額