なんばグランド花月で、misonoが『アナ雪』熱唱にナゼ?引退ネタはいまだに健在?かまってちゃんはもはや病気? | ニュースチャンネル

なんばグランド花月で、misonoが『アナ雪』熱唱にナゼ?引退ネタはいまだに健在?かまってちゃんはもはや病気?

Sponsord Link

なんで、今更持ち歌でもない歌を歌っているのでしょうか。

misonoさんがなんばグランド花月で上演された「ノンストップコメディ出発進行! 言うこと機関者」にゲスト出演し、話題になっています。

ということで、misonoさんについてリサーチしていきます。

そもそも引退宣言とは。

まず、misonoさんなんですが、

生年月日 1984年10月13日
出身 京都
身長 154cm

avex traxから『day after tomorrow』としてデビューし、事務所のバックアップ、ゲームのタイアップなどて知名度をあげ活躍します。
しかし、misonoさんがスタッフに対して態度が悪いなどの話があがったり、太り始めたりで(それが直接的な原因かわかりませんが)2005年に活動休止。

その後ソロとして活動するも、misonoさんがダイエットして痩せたらダイエットDVDを出したり、アーティストなのに方向性が定まっていないような活動が目立つようになります。

でも、極め付けは引退宣言。
『30歳で引退する』と明言し、ファンは辞めないでください!と必死に止め、アンチは辞めろ辞めろと盛り上がり、結果多くの人がmisonoさんの引退に注目しました。

CDも、『アルバムが1万枚売れなかったらmisonoはもうCDを発売することができません』などというサブタイトルをつけて販売したり。

これにはファンもファンを辞める勢い。

結果、アルバムの売れ行きはわるく、「このまま辞めるわけにはいかない」と本末顛倒なことを言い出し引退宣言は事実上撤回。

あんだけ動向を気にさせながら、事務所に引退について触れないように言われてたから撤回発言もしなかったとの発言も、正直微妙な感じ。
スタッフの、事務所のせいですか?

声優挑戦でさらに波紋。

さらにglobeのトリビュート盤がが作成されることが示唆され、参加したい旨をブログで発表するも、

「けど、事務所に言っても、無駄だし、小室哲哉さんに、伝える手段もないから、届く方法があるとしたら“ブログに書く”だけしかない(笑)」

と、事務所に何もしれもらえないから小室さんがなんとかして!ばりのお子様めいた逆オファー。

 「KEIKOさんと、カラオケで、一緒になった時、デュエットさせてもらったなぁ~」

と、さらにKEIKOさんとプライベートで遊んでたんだー私♪的なプチ自慢を挟み、

「globeさんの曲を歌わせてもらえるなら、1番、高いキーが気持ちいい“”がいいなぁ~ 小室哲哉さん&globeさんの音楽は、オンチな人には、歌ってもらいたくない(笑)」

と、かなり顰蹙を買いそうな発言。

そこまで自分の「歌のうまさ」を誇示しておきながら、

ずっと前からやりたかった仕事、鳥肌がたった、

と表現した声優のお仕事。

歌手としての彼女を支えてきたファンもびっくりの変わり身の早さ。

そして、レリゴー熱唱?

そして、冒頭の話にやっと戻りますが、

大阪・なんばグランド花月にてたむらけんじさんと、壇上に。

たむらけんじさんとはかなりの仲良しというのとで、引退についてイジられたりしたようですね。

さらにはアナ雪の「Let It Go」
を披露したというのですが、
なぜ持ち歌でも無いのに、、、というのが感じてしまいます。

私もこの歌を完璧に歌えるよー!すごいでしょー!と必死にアピールしているようにしか見えないのです。

かねてから、彼女のかまってちゃんぶりは病的だとする声がおおくありましたが、

ちょっと疑いたくなるようなエピソードですね。

とりあえず、globeどうなったのやら?小室さんに助けてもらえるのかな?

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » 気になるニュース » なんばグランド花月で、misonoが『アナ雪』熱唱にナゼ?引退ネタはいまだに健在?かまってちゃんはもはや病気?

利用限度額