【とと姉ちゃん第74話】ネタバレ感想! せまる空襲!ついに五反田にも赤紙が! | ニュースチャンネル

【とと姉ちゃん第74話】ネタバレ感想! せまる空襲!ついに五反田にも赤紙が!

Sponsord Link

さぁさぁ、とと姉ちゃん第74話いってみましょう!

目黒から千葉まで電車に揺られ、美子は農家の孫に滝子お祖母様との思い出のままごと道具を食料に変えに行きました。

グッと堪えた美子の思いに常子は気付いていました。

帰り道、美子はしゃがみ込みます。

盛田屋さんは居なくなるし、
青柳商店は立ち行かなくなるし、
鞠子は小説を諦めるし、

すべては戦争のせい。

鞠子は戦争がいつ終わってくれるのか不安に思っています。
せっかく女子大にまで行かせてもらったのに手に職もなく、稼ぎも悪い。
自分に何ができるのかと焦っているのです。

常子は夜遅くまで原稿の直しをしていました。

一緒に仕事をしていた五反田が大事なことを言おうとしたところに空襲警報がなりました。

五反田は家に帰ると言う常子を説き伏せて急いで防空壕に逃げます。

一方、小橋家でも空襲警報を受けて急いで防空壕に逃げます。

鞠子は常子がいない分しっかりしようと努めますが、慌てて縁側から落ちてしまい足首をくじいてしまいます。

君子ママと美子に抱えられるように防空壕に入った鞠子。

空からは爆弾が落ちてきて、爆発音が地面を揺らします。

身を寄せ合い耐えるしかない夜が明け、常子は家に急ぎます。

幸い家族には怪我はなく、鞠子の怪我だけ。

鞠子は常子の代わりが務まらなかったと落ち込んでしまいます。

常子はそんな戦争を、どうしても雑誌で取り扱うのが嫌になってしまいます。

それを五反田に打診すると

その悩みから救ってくれると言い出します。

しかしそれは代わりに楽しい雑誌を作れるというわけでなく、

もう雑誌は作れない。

五反田にも赤紙が来たという衝撃の告白でした。

感想〜視聴率

とうとう五反田さんにも赤紙が来てしまいましたかー。

そんな緊迫して状況なのに、フェミニストがフェミニズムしててミッチーーー!!

王子はミッチーしかいないよ。

防空壕に連れて逃げてくれた五反田さん。

丸メガネが余計にかっこよかったなぁ。

家内がいるのはなんとなく察していたけど、、子どももいたのね〜。

何はともあれ、甲東出版が立ち行かなくなるのだから、常子は職を失うことになるのかしら??

気になりますね。

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【とと姉ちゃん第74話】ネタバレ感想! せまる空襲!ついに五反田にも赤紙が!

利用限度額