【とと姉ちゃん第93話】ネタバレ感想!庶民が作れる洋服は? | ニュースチャンネル

【とと姉ちゃん第93話】ネタバレ感想!庶民が作れる洋服は?

Sponsord Link

さぁさぁ、とと姉ちゃん第93話ネタバレ感想いってみましょう!

新橋にある「カフェー浪漫」に取材に入る小橋三姉妹。

雑誌を作るという小橋三姉妹にみんな興味津々。

話を伺ってみると、戦争未亡人も多く、嫁いでいない人も多い。
布も品質の悪いものしか手に入らず、第一洋裁の技術がない、作り方が書いてあったとしても作れない。
女のための本と言っても私たちには手が届かないと言われてしまいます。

花山さんは洋裁学校を見学取材にいきます。高級な布、洗練されたデザインの服。こうすることで生徒に人気だという話ですが、月謝は庶民が通うには高いものでした。

教えてる教室も見えてもらいましたが、花山さんは裁断にて余った布に目がいきます。

店舗に戻った花山さんと小橋三姉妹は意見を出し合います。

布が無い、技術がない、余裕がない。

布を余らせない、より簡単に、手が出しやすいものを念頭にアイデアを探します。

花山さんは家で考えていた時、娘が髪を切っていました。
切った髪が服につかないように新聞をくりぬいて羽織っていたのを見て、何かを思いつきます。

すぐさま机に向かい、デザイン画を書き上げていく。

朝早く小橋家の扉を叩いたのは花山さんだった。

悩みを打開するアイデアが見つかり意気揚々とする花山さんが持ち出したのは着物の半分ほどの生地。

これで洋服が作れるといいます。

感想〜視聴率

たまに時間が合うと、母と朝ドラを見ているのですが、祖母の世代の話なので、洋裁の技術がや生地やデザインが、よく見たものだと言っていました。

時代が時代なら懐かしい人が多く見ているのかもしれませんね。

しかし、カフェーにいた戦争未亡人の綺麗な人、どこかで見たんだけどどこで見たかなぁ、、、。

CMとか?かな?
今度リサーチします。

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【とと姉ちゃん第93話】ネタバレ感想!庶民が作れる洋服は?

利用限度額