【とと姉ちゃん第95話】ネタバレ感想!ついに『あなたの暮らし』創刊! | ニュースチャンネル

【とと姉ちゃん第95話】ネタバレ感想!ついに『あなたの暮らし』創刊!

Sponsord Link

さぁさぁ、とと姉ちゃん第95話ネタバレ感想いきます!

とうとう、社名と雑誌名が決まります。

雑誌名は「あなたの暮らし」
社名は「あなたの暮らし出版」

とされ、なんと新聞にも載せて宣伝するといいます。
売れると自信があるものだからこそ、お金をかける。

ついに四ヶ月後。
創刊号が発売されました。

大金をはたいたものなので鞠子は気が気じゃなく、あたふたする中郵便で全国から購入を希望する手紙が山のように届きます。本屋でも売れ行きはよく評判もいいようです。

甲東出版の谷編集長や五反田さんにもみてもらい、お金だけでなく手間暇をかけていてフシギナザッシだと評価されました。

鞠子、美子は一日中「あなたの暮らし」を求める人への配送準備。手に豆ができるほどその作業は多く、君子ママも手伝っていました。

一万部目標も夢じゃない!と勢いづくと、花山さんは一万ではなく百万部が目標だといい、冗談だと笑われます。

花山さんの女性的視点の鋭さはどこからなのかを突き詰めると、亡くなった母親が影響していると言います。母ならどう行動したかを考えてしまうという花山さんに美子は「かか兄ちゃん」だと言い出します。

ととの変わりの「とと姉ちゃん」
かかの変わりの「かか兄ちゃん」

そういって笑いあっていた中、ハナヤマサンガ以前取材した洋裁学校から苦情を言いにわざわざ先生が来られました。

取材したにと関わらず、記事になっていないこと、さらに直線裁ちの掲載で洋裁学校の営業を妨害する気か?という苦情内容に、花山さんが応戦しますが、常子も立ち向かいます。

事務員はひっこんでなさい!と叱責されますが、「私が社長です!」と名乗りを上げると、洋裁学校の先生は目を丸くしますが苦情は引っ込めません。

常子は洋裁学校の営業を妨害するつもりはない。
しかし洋服の作り方を庶民の皆に届けることもやめないと断言。

先生たちは帰って行きます。

それほど直線裁ちとは驚異的で画期的なものなんたということだと花山さんは強気です。

入れ違うように綾さんがやってきて、見違えるような笑顔を見せてくれます。

常子たちは沈んだ気持ちをみるみる回復させました。

売れに売れている「あなたの暮らし」
一安心ですねー。

しかし洋裁学校の先生がた、「またお会いしましょう」っていいましたよねー。
もうなにするつもりなのー。やめてよー。

裁判とか考えて勝手にげんなりしています。

そんな中、自分で「あなたの暮らし」を買ったとか言い出しちゃう君子ママが天使すぎて。

最近の木村多江さんは愛でるものだったんですね。

理解。

ハリーでした!


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【とと姉ちゃん第95話】ネタバレ感想!ついに『あなたの暮らし』創刊!

利用限度額