【とと姉ちゃん第124話】ネタバレ感想!トースターの酷評、社長殴り込み? | ニュースチャンネル

【とと姉ちゃん第124話】ネタバレ感想!トースターの酷評、社長殴り込み?

Sponsord Link

さぁさぁ、とと姉ちゃん第124話ネタバレ感想いってみましょう!

美子と大昭さんとの結婚の話を聞いて、一人前の料理人になったら、という前提の話ですが、常子はとても喜びます。

しかし、美子は常子を残して結婚することに後ろめたさを感じています。
君子ママを任せて嫁いでしまうのも気が引けているようです。
自分だけが幸せになってとと姉ちゃんが幸せじゃないのは嫌だという美子の思いですが、常子は今は幸せだと言います。

会社が、社員が自分にとって子供のようなもので、成長を見れている今が幸せだと。

美子は星野さんの話を出しますが、常子は星野さんのことを「昔の友達」とし、奥様を愛してらっしゃるし、その気は無いと。

ただただ、子供が可愛く、力になってあげたいだけだと話します。

それでも美子は引かず、せめて弱音は我慢せずに吐いて欲しいと、ぶつけて欲しいと詰め寄り、常子は善処する方向で話を終えます。

トースターの商品試験を乗せた最新号は、大反響。
どんどん追加注文している状況で、お店でも「あなたの暮らし」を参考にトースターを選ぶ客が多くいると言われるまでに。

花山さんも次は電球の商品試験をまとめにかかり、新たにアイロンを取り上げようと話している中、

トースターを酷評され売り上げを落としたちとせ製作所が出版社に責任者を出せとまくし立ててきました。

常子を阻み、責任者として前に出る花山さんは、その社長の言い分を真っ向から否定。
大手では無いから部品を安くしてコストを落としたり、安かったら粗悪品でも仕方ないだろうという考えそのものが良くないと断言し、取っ組み合いになります。

その後、ちとせ製作所の社長さんは「お前ら覚えてろよ」と言葉を残し帰っていきました。

花山さんは「ほっておけ」と言いましたが、危険視した常子はちとせ製作所に向かいます。

そこでは商品を返品されたり契約を切られたり、頭を抱えているちとせ製作所の社長と奥さんの姿が。

その悲壮感に常子は声をかけることもできず帰ってきます。

暗く沈んだ顔をしている常子を花山さんは心配そうに見つめます。

その日は木曜日。
定時の時間まで常子の暗い顔は治ることはなく、子供達に会うのになんて顔をしてるの?と美子に諭されます。

星野家に着くとちょうとお手伝いさんが帰るところでした?楽しみに待っていると言われ、意識的に笑顔を作り常子は呼び鈴を鳴らします。

感想〜視聴率

美子と常子の話すシーン、ずっとカーラーに目がいってしまいました。

おしゃれには仕込みが必要なんですね、今も昔も。

商品試験は恐れていたことが。

スッと常子をかばう花山さんが男前!
しかし、自分を貫き酷評する記事を書いた花山さんは常子の暗い顔を気にしていそうですね。

ちとせ製作所がどうなるかで、今後大きく変わりそう?

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【とと姉ちゃん第124話】ネタバレ感想!トースターの酷評、社長殴り込み?

利用限度額