【とと姉ちゃん第147話】ネタバレ感想!君子と花山さんの絆。三姉妹への言葉。君子の死。 | ニュースチャンネル

【とと姉ちゃん第147話】ネタバレ感想!君子と花山さんの絆。三姉妹への言葉。君子の死。

Sponsord Link

さぁさぁ、とと姉ちゃん第147話ネタバレ感想いってみましょう!

君子にお見舞いにやってきた花山さん。常子は君子に「2人にして欲しい」と言われ席を外します。

ずっと花山さんにお礼を言いたいと思っていたという君子。
花山さんは常子に人生を投げ打って雑誌作りに打ち込ませてしまったことで、もっと別の人生があったのではないかと悩むことがあると意外な答え。

君子はこれに、その様に見守ってくれる花山さんに出会ったからこそ、1人で抱え込む常子が誰かを頼ることができたのだと感謝します。そして花山さんが悩むことはないほど、常子は幸せでいるといいます。

花山さんをお見送りした後、三姉妹は揃って君子の部屋へ。

美子にいつも笑わせて和ませてくれた。
鞠子のさりげない心配りに甘えさせてもらった。
常子はいつも一生懸命に走って、支えてくれた。

三姉妹それぞれに思いを伝えて、君子は押入れから「宝箱」を取り出します。

そこにはととに桜を見せるために手作りした布製のピンクの花、KT歯磨きなど、今までの折々に使った細々とした思い出の品が。

小さな幸せの象徴を捨てられずとっておいたと言う君子の宝物を見て、皆が笑顔になります。

君子は3人とも自慢の娘だと伝えます。

そしてその10日後に君子は息を引き取ります。

感想

君子ママーーー!!マ″マ″ーーーー!!!
ナレ死、、、。
でもナレ死にしてくんなきゃ、耐えらんなかったかも。

花山さんの言葉にも泣いた。

すばらしいお母さんだよぉ。

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【とと姉ちゃん第147話】ネタバレ感想!君子と花山さんの絆。三姉妹への言葉。君子の死。

利用限度額