【とと姉ちゃん第154話】ネタバレ感想!花山さんのあとがき?常子への感謝の言葉。 | ニュースチャンネル

【とと姉ちゃん第154話】ネタバレ感想!花山さんのあとがき?常子への感謝の言葉。

Sponsord Link

さぁさぁ、とと姉ちゃん第154話ネタバレ感想いってみましょう!

自宅に原稿を届けに行く編集者は必ずと言っていいほどに花山さんのお怒り、説教を食らって帰ってきます。

今日はたまきが向かっていることで、帰ってきたたまきに注目が集まるも、

叱られた方が良かったとたまき。

花山さんの体調が日に日にすぐれないのです。

常子も花山さんの元に伺い、仕事をしますが、もう一つ書いて欲しいものがあるから記録してくれと言い出します。

体調を気遣い、止める常子に願い入れ書いてもらったのはあとがき。

自身が死んだら、次の「あなたの暮らし」に載せて欲しいという花山さんに、常子は驚きますが、花山さんは語り始めます。

その言葉の力強さ、花山さんらしい語り口、それは変わってはいないのですが、それでも終末にむけ、一字一句選んでいく言葉の数々に常子は涙します。

最後にまだ「あなたの暮らし」を読んだことのない人、一人に「あなたの暮らし」を紹介して欲しいという花山さん。

そして、常子はありのままの不安をぶつけます。

「花山さんがいなくなったら、私はどうしたらいいですか?」
涙に震える声で縋る常子に花山さんは、ずっと一緒にやってきて、もう考え方は同じだから大丈夫と励まします。
肩に話かけてみろと。

「宿ってあげるから」といい笑います。

「おい花山!どうしたもんじゃろのう、、」と。

次号の表紙イラストを渡し、常子が去るのを花山さんはひらひらと手を振り見送ります。

雪がしんしんと降っている夜のことでした。

感想

花山さんの死が確実に近づいている感じで、君子ママの時のように痛い気持ちです。

あの花山さんが「ありがとう」というのもなかなかレアですもんね。

加えてあとがき。

あんなのもう遺書じゃないですか。
切なくってもう。

「宿ってあげるから」
あの言葉は愛や恋だのより深い愛情が詰まっているように思います。
涙腺崩壊。

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【とと姉ちゃん第154話】ネタバレ感想!花山さんのあとがき?常子への感謝の言葉。

利用限度額