【べっぴんさん第56話】ネタバレ感想!追い詰められる良子。目玉商品の鍵はお弁当? | ニュースチャンネル

【べっぴんさん第56話】ネタバレ感想!追い詰められる良子。目玉商品の鍵はお弁当?

Sponsord Link

さぁさぁ、べっぴんさん第56話ネタバレ感想いってみましょう!

大急に出す商品の製作作業のために話を通しておいたはずの君枝の家の二階の場所提供の件ですが、昭一さんが話を通していなく、ミシンなどを運び入れてからの発覚となってしまいました。

取り乱す君枝の義母さんに、改めて君枝が作業場所提供を願い入れ、一ヶ月の期限付きで許してもらえました。

大急のいう目玉商品はまだ思いつかないですが、委託販売に意欲を見せるすみれ達。

一方、坂東営業部ではゆりが委託販売の担当は紀夫ににが重いのではと心配しています。
さらにオライオンの大急への持ち込み企画、洋裁教室の企画も紀夫は並行してやらなくてはいけなくなり、紀夫はさらに忙しくなります。

大急百貨店での売り子を担当する悦子様は、模擬接客をしますが、その対応はかなり出来が良く、悦子様の元々の育ちの良さが十二分に生かされていました。

そんな時。良子の子供、龍一がキアリスの名刺を絵の具で塗りつぶしてしまいます。

「お母さんが悲しむよ」と言い聞かせても「悲しまないよ」とケロッと返す龍一。
帰って来た良子は、「龍ちゃん」と呆れますがで龍一は逃げてしまいます。

それをみた明美は「まず叱らないと」と注意しますが、良子には「明美さんは子供がいないからわからない」と言われてしまいます。

この返しに黙ってしまった明美に、それがどれだけの傷となったか察する足立くん。

しかし良子もまた追い詰められていました。
周りの子と龍一を比べ、育児に自信が持てなくなっていました。

店に残り、龍一に汚された名刺の作り直しをしている明美と足立くん。
足立くんは金があったら街に連れて出て、気分転換したげるのに、と笑います。
じゃあウナギかなーと明美は笑い、今食べた気になったからとお礼にご飯を作るといいます。

すみれの家では、喜代さんがさくらを保育園に預けずに一緒にいたいと申し出ます。寂しいと言うのです。
それはさくらも同じで、喜代さんが作るお弁当を開ける時だけは寂しさは消えると言います。

喜代さんに無理をして欲しくない想いだった紀夫時だけすみれですが、保育園をやめてまた喜代さんに頼むことにしました。

お弁当が目玉商品になると感じたすみれはお弁当箱の絵やお揃いの包みを提案します。

しかし良子はまだ出社していませんでした。

感想

龍一くんの問題が浮き彫りになって来ましたね。

良子は叱ってないわけじゃないんですよね。叱って、叱って、叱って、でも龍一に言葉が届かないから努めて優しく言ってみて、でも伝わらない。
あの手この手で伝える、でも龍一に届かないから、あれもこれも試して、もう手が無いのですよね。

どうしたら届いてくれるかなぁ。
でも昭一はクズっぷりが露呈してますね。
勝二は育児に関心もあり、良子の気持ちもどうしたら受け止められるか考えあぐねています。不器用さが出て不安そうですが。

昭一さん、何も出来てないですもんねー。

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【べっぴんさん第56話】ネタバレ感想!追い詰められる良子。目玉商品の鍵はお弁当?

利用限度額