【べっぴんさん第57話】ネタバレ感想!アルマイトの弁当箱300個!?各家庭の子育て事情。 | ニュースチャンネル

【べっぴんさん第57話】ネタバレ感想!アルマイトの弁当箱300個!?各家庭の子育て事情。

Sponsord Link

さぁさぁ、べっぴんさん第57話ネタバレ感想いってみましょう!

大急出店の目玉となる、お弁当箱の制作をしつつ、すみれは良子が来ないことを気にしています。

大急の担当者、小山さんに見本品として絵を描いたアルマイトのお弁当箱と巾着を見せたところ、すぐさま採用され新聞に広告が打たれました。

しかし、10日間の出店で1日30個の限定販売と打ち出されてしまい、アルマイトの弁当箱を急遽300個も手に入れなくてはならなくなりました。
潔に相談してもアルマイトの卸業者のコネはなく、商店街を歩き回っても10個にも満たない量に、すみれも君枝も焦ります。

家でもアルマイトの弁当箱と格闘する君枝。隣には健太郎が静かにお絵描きをしています。
わがままを言うわけでもなく、静かに君枝を応援してくれます。
その優しさに君枝は感心するばかり。
昭一は手伝うのも難色を示していましたが、二階の場所提供のことも言ってくれなかった!もう頼りにしません!と君枝に怒られると慌てて手伝っていました。

すみれの方は紀夫が家に帰ると、勝二も一緒でした。
龍一がやんちゃな男の子と一言では済まされないと追い詰められているとの相談に、喜代さんは、
「何倍も手のかかる子はいるんです」と話し、
「何倍も手をかけたらいいんです」と。

その言葉にすみれは意思を固めます。

同じ夜、君枝はまたお弁当箱に向かい、健太郎は隣でおとなしく絵を描いていました。
その健太郎が絵に字を書いて見せてくれました。
それはお義母さんが文字も教えてくれていると言うこと。
教養も教え、礼儀も教え、これだけ優しく育ってくれたことを改めて感じた君枝は、お義母さんに健太郎を優しい子に育ててくれてありがとうございますとお礼を言います。

お義母さんは健太郎が優しいのは元からよと笑い、アルマイトの弁当箱301個を君枝に渡してくれました。

アルマイトの卸業者に知り合いが居て、手配してくださったとのこと。
300個が無事に終わったら301個目に健太郎へ書いてあげて、と。

翌日、良子を連れに行ったすみれは龍一をみんなで手をかけて行こうと話し合い、みんなでアルマイトの弁当箱に絵を描いていきました。

そしてついに、大急での販売がスタートします。

感想

喜代さんの言葉に、私も心を洗われるようでした。
そうだ、手をかけてればいいじゃないかと腑に落ちた感じがしましたね。

いよいよ、大急での販売がスタートします。
何事もなく過ぎればいいなぁ。

ハリーでした。


Sponsord Link

この記事へのコメント

ニュースチャンネル TOP » ドラマ感想, 朝ドラ » 【べっぴんさん第57話】ネタバレ感想!アルマイトの弁当箱300個!?各家庭の子育て事情。

利用限度額